トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI犬の病気 > 犬の消化器の病気

犬の消化器の病気

犬の消化器の病気の画像

犬が突然、嘔吐、下痢、便秘、排便異常、血便など普段と違う症状が出たら、消化器系の病気を疑うことができます。病気としては、胃潰瘍、胃炎、肝炎、肝硬変、腸閉塞、腸重積、十二指腸潰瘍、ポリープなど種類はたくさんありますが、ほとんど人間の病気と同じような病気です。

消化器系の病気になる原因として、寄生虫、ウィルス・細菌などの感染、年齢によるもの、ストレス、食事などが考えられます。
寄生虫やウィルス・細菌などは、どこで感染してしまうかわかりませんが、ストレスや食事などは飼い主がきちんと管理すれば防ぐことができます。
環境の変化や引っ越しなどでストレスを感じて胃潰瘍などになってしまう犬もいます。
また、生ゴミをあさったり、水溜りの水を飲んだり、食べ物でないものを誤飲してしまって、消化器系の病気になることがあります。
飼い主が気をつけていれば、防げることですので注意しましょう。

たかが下痢や嘔吐と思っていても実は、大きな病気になってしまっていることもあります。
ひどい場合は、脱水症状を起こしてしまったり、さらに病気が悪化してしまうことがあります。
子犬や老犬の場合、体力もあまりありませんので、下痢や嘔吐などの症状が出た時は、水分補給をするようにしましょう。
犬をよく観察して必要に応じて病院に連れて行きましょう。

下痢や嘔吐など消化器系の病気になったときは、人間の薬や食べ物は与えないようにし、獣医師の指示通りの食事を与えるようにしましょう。
また、お水はいつでも新鮮なものを飲めるようにしておきます。

グレート・デン、ジャーマン・シェパード、ゴールデン・レトリバー、コリー、イングリッシュ・セッターなど犬種は、消化器系の病気になりやすい犬種ですので注意が必要です。

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬の耳汚れ対策

家でシャンプーなどをしている人は、シャンプー後に、綿棒などで耳の掃除をするのではないでしょうか。 本来は、シャンプーのときは、耳に水やシャンプーが入らないように耳栓をするか、入らないように気をつけてあげなければいけません。 しかし、シャンプー後は、耳の中に水が入ってしまったりしていることが多いので、水分を拭き取る必要はあります。 耳の中の水分やシャンプーをそのままにしておきますと、外耳炎の原因にもなるからです。 シャンプー後の水のふき取りは、コットンで手が届く範囲だけするよ

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ