トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI犬の病気 > 犬の目の病気

犬の目の病気

犬の目の病気の画像

犬の眼の病気になってしまったいるときは、目ヤニや涙が多い、眩しそうにする、目を痒がる、眼球が白く濁ってきている、目が赤いなどの症状がでます。

犬の目の病気でよくみられるものは、白内障、緑内障、結膜炎、角膜炎など、聞きなれた名前のものが多いです。
他にもたくさんの目の病気があり、病気によっては、手術が必要だったり、最悪の場合失明してしまう病気もたくさんあります。

犬が高齢になってくると白内障になる犬が多く、よくある病気です。
早い犬で5~6歳ぐらいからなってしまう犬もいます。
白内障は、徐々に眼球の中にある水晶体が濁り白くなってきます。
白くなるにつれて、視力も落ち、歩いていて物にぶつかりやすくなってきますので、早めに発見することが大切です。
白内障は、治ることはありませんが、点眼薬などで進行を遅らせることができますので、白っぽくなってきたら、早めに病院に行きましょう。
また、白内障になってしまったら、犬の生活するスペースに危険なものがないか、散歩のときもぶつかったりしないように気をつけて散歩する必要があります。

結膜炎は、人間でもよくある目の病気です。
原因は様々あり、異物がはいったり、ホコリや細菌、シャンプーなどでも結膜炎になることがあります。
結膜炎になると痒みや痛みが伴うことが多いので、目をこすったりして悪化することがありますので、原因を削除したうえで、薬で治療します。
あまりにも掻いたりこすったりするようでしたら、エリザベスカラーを使用して悪化させないようにしましょう。

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫の目の病気

猫の目の病気で多いものが、結膜炎です。 結膜炎になる原因は、ホコリや花粉、まつげ、虫、ゴミ、目に悪い薬品などが目に入ってしまったりなどで、その影響により結膜が炎症してしまう病気です。 また、意外にも結膜炎になる原因で多いものは、ウィルスなどの感染症によって結膜炎になってしまうことです。 ウィルス感染による結膜炎は、猫風邪、猫カリシウィルス感染症、ヘルペスウィルス感染症などがあります。 これらの感染症は、感染猫の咳や鼻水、くしゃみなどで感染し、鼻水や咳、食欲低下などの症状と供

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ