トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI犬の病気 > 犬の皮膚の病気

犬の皮膚の病気

犬の皮膚の病気の画像

犬の皮膚病の多くが、ノミ・ダニによるもの、細菌によるもの、生活環境が不衛生で起こるもの、アレルギー物質によるものが原因で発症します。
症状としては、脱毛、赤くなる、痒がる、乾燥やベタつきなど、皮膚の異常があります。

最近の犬の半数以上は、何かしらのアレルギーを持っているのではないでしょうか。
アレルゲンとして、ノミやダニ、花粉や、食べ物などがあり、犬が生活している身の回りにあるものばかりです。
よく聞くアトピーもアレルギー性皮膚炎のひとつで、アレルゲンに異常反応を起こして、痒みを起こしてしまうのです。
アトピーになるのは体質で、遺伝でこのような体質になるといわれており、基本的には治る確率は低いでしょう。
もし、アトピーになってしまったら、原因物質は何かを調べ、出来るだけその物質を避けるようにしましょう。
また、皮膚の炎症がひどい場合は、病院などで痒みを抑える薬などでアトピーをコントロールしていかなけばいけません。

犬も人間と同じように脱毛症になることがあります。
原因として考えられるものは、ストレス、ホルモンバランスの崩れ、栄養状態が悪い、細菌や寄生虫などが挙げられます。
脱毛が見られたら、病気で脱毛してしまったのか、精神的なストレスで脱毛したのかを判断しなければいけません。
ホルモンに関係してくる脱毛は、甲状腺機能低下症や副腎皮質昨日亢進症などが原因で起こることもあります。
原因がわかり治療していくとまた、毛が生えてきますので根気よく治療しましょう。

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫のキャットフードの選び方

猫のフードは、ドライフード、半生タイプのフード、缶詰タイプのフードの種類があります。 猫によって好みが異なり、猫が好むフードをあげるようにするといいでしょう。 猫は、同じフードばかり食べていると、そのフードしか食べなくなってしまいます。 そして、フードの種類を変えることが難しくなってしまうので、色々な原料のフードをあげるようにするといいでしょう。 フードは、成猫の場合、1日2回、仔猫の場合、1日4回に分けてあげるようにします。 少し食べたら、時間をあけてまた食べるという食べ

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ