トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI犬の病気 > 犬の寄生虫の病気

犬の寄生虫の病気

犬の寄生虫の病気の画像

犬がよくかかる寄生虫は、マダニではないでしょうか。
草むらや芝生などどこにでもいる虫です。
最近では、温暖化のせいか冬でもいることがあるらしいです。
このマダニは、犬の皮膚にくっつき、血を吸います。
血を吸う前は2~3ミリなのですが、血を吸うと小豆~大豆大まで大きくなります。
マダニは「バベシア」という赤血球を破壊し、最悪死に至る病気を持っていることがあるので注意が必要です。
マダニが寄生していることがわかったならば、ダニの頭部を残さないようにゆっくり引き抜きましょう。
マダニが寄生することを予防する薬や、駆除剤などもありますから、自然の多い場所にいる犬はこれらを使用しましょう。

犬の寄生虫でよく知られているものでフィラリアがあります。
春~夏にかけてフィラリア予防薬を飲んでいる犬はほとんどではないでしょうか。
最近では、予防薬を飲ませている飼い主が多いので数は減ってきていますが、フィラリアは蚊を媒体にして犬の体内に入るので、寄生される確率は比較的高いです。
フィラリアは、心臓に寄生してしまう白く細長い虫で、血液の流れを阻止してしまう病気です。
ひどい場合は死に至ってしまう病気です。
このフィラリアは、予防薬を飲んでいれば防げる病気ですから、飼い主が気をつけれていればかからなくて済みます。

比較的子犬がかかっている寄生虫で回虫があります。
回虫は、母体から感染することが多く、肺炎、肝炎、栄養障害などが起こったり、下痢、嘔吐する犬もいます。
子犬を産ませる前に母犬は、回虫が寄生していないか検査し、いる場合は駆虫する必要があります。
この回虫は、人畜共通の病気です。
時に子供の感染が多く、肝臓、脳、目、筋肉などに寄生します。
犬が感染しているときは、人間に移らないように気をつける必要があります。

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫のキャットフードの選び方

猫のフードは、ドライフード、半生タイプのフード、缶詰タイプのフードの種類があります。 猫によって好みが異なり、猫が好むフードをあげるようにするといいでしょう。 猫は、同じフードばかり食べていると、そのフードしか食べなくなってしまいます。 そして、フードの種類を変えることが難しくなってしまうので、色々な原料のフードをあげるようにするといいでしょう。 フードは、成猫の場合、1日2回、仔猫の場合、1日4回に分けてあげるようにします。 少し食べたら、時間をあけてまた食べるという食べ

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ