トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI猫の病気 > 猫の消化器の病気

猫の消化器の病気

猫の消化器の病気の画像

猫は、毛づくろいをする動物です。
毛の抜け変わる時期や、ストレスがたまって異常に毛づくろいを行うと、たくさんの毛を飲みこむことになります。
普通に嘔吐や排泄することが出来れば問題ないのですが、食事が合わなかったり、毛玉が大きくなりすぎてしまうと排泄することが難しくなり最悪手術して取り除くことになってしまいます。

毛玉症の症状としては、食欲がなくなったり、食後に嘔吐します。
通常は、嘔吐のときに毛玉も排出されるのですが、大きくなり固くなってしまうと、嘔吐でも排泄でも出てこなくなるのです。
出てこなくなってしまうと、便秘、腸閉塞などの症状も出てきます。
このようにならないためにも、まめにブラッシングして飲み込む量を減らすようにしましょう。
特に長毛種は、毎日のブラッシングが大切です。
食事も毛玉症にならないためには重要ですので、その子にあう食事を見つけるようにしましょう。

猫の病気でも怖いもので猫コロナウィルスがあります。
猫コロナウィルスは、腸炎性コロナウィルスがあり、腸炎を起こす病気です。
この病気は、感染猫との接触や汚染されたものからの感染が多いので、外に出している猫がなりやすい病気です。
年齢も6か月から3歳の猫が多く、初めは、発熱、食欲不振、下痢、嘔吐・貧血などの症状が出てきます。
そして、お腹や胸に水がたまったり、中枢神経や眼、腹膜などの期間が侵されたりしてしまします。

この病気の治療法はまだありません。
また特効薬もありません。
ですから、発症したらほぼ死んでしまう病気です。
アメリカでは予防注射がありますが、日本ではまだないのが現状です。
感染させないことが予防の方法なので、猫を自由に出さないようにするといいでしょう。

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬の耳汚れ対策

家でシャンプーなどをしている人は、シャンプー後に、綿棒などで耳の掃除をするのではないでしょうか。 本来は、シャンプーのときは、耳に水やシャンプーが入らないように耳栓をするか、入らないように気をつけてあげなければいけません。 しかし、シャンプー後は、耳の中に水が入ってしまったりしていることが多いので、水分を拭き取る必要はあります。 耳の中の水分やシャンプーをそのままにしておきますと、外耳炎の原因にもなるからです。 シャンプー後の水のふき取りは、コットンで手が届く範囲だけするよ

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ