トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI猫の病気 > 猫の寄生虫の病気

猫の寄生虫の病気

猫の寄生虫の病気の画像

猫の犬と同様に、ノミ、ダニなど皮膚など外部に寄生するもの、内部に寄生するフィラリア、回虫、条虫など様々な寄生虫があります。
外部に寄生するものは、皮膚の異常がみられ、かゆみ、フケ、脱毛などの症状があらわれます。
内部に寄生するものは、腸などに寄生するので、下痢や血便、食欲不振、嘔吐などの症状があらわれます。

これらの寄生虫が見つかれば、早めに駆除する必要があります。
もし、卵をうみ、成虫になってしまうとあっという間に繁殖していしまい、同居している動物や人間に移ってしまうからです。
フィラリアなどは、犬では有名で定期的に薬を飲ませますが、猫でもありますので、犬同様予防することが大切です。

猫だけではなく、ペット全般に言えるのですが、人畜共通感染症など人間にも移る寄生虫があります。
小さい子供がいる家は、回虫などに注意が必要です。
子供に回虫が移ってしまいますと、発熱や咳、視力障害などになってしまいます。
また、妊娠前の女性や妊娠中の人がいる家は、トキソプラズマも注意が必要です。

トキソプラズマ症は、トキソプラズマのいう寄生虫の感染でおこり、猫は、外に出る猫でしたらいつ感染してきてもおかしくありません。
実際、猫が感染してもあまり症状が出ないことが多く、感染に気がつかないことが多いです。
人間は、感染した動物を食べたり、感染したペットの便を触れることで感染してしまいます。
特に、妊娠中に感染してしまいますと胎児に影響があったり、流産や死産の原因になることもあるのです。
妊娠前、妊娠中の女性は、豚肉や鶏肉は加熱して食べるようにし、近くにペットがいる場合は、抗体があるかどうかの検査が必要です。

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫のキャットフードの選び方

猫のフードは、ドライフード、半生タイプのフード、缶詰タイプのフードの種類があります。 猫によって好みが異なり、猫が好むフードをあげるようにするといいでしょう。 猫は、同じフードばかり食べていると、そのフードしか食べなくなってしまいます。 そして、フードの種類を変えることが難しくなってしまうので、色々な原料のフードをあげるようにするといいでしょう。 フードは、成猫の場合、1日2回、仔猫の場合、1日4回に分けてあげるようにします。 少し食べたら、時間をあけてまた食べるという食べ

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ