トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI犬の健康管理 > ドッグフードの選び方

ドッグフードの選び方

ドッグフードの選び方の画像

今、ドッグフードはたくさんの種類がありどれを選んだらいいのか、迷ってしまうと思います。
ドッグフードを見てみると、「総合栄養食」と「一般食」「間食」3種類に分類できます。
「総合栄養食」は、主食として作られており、栄養バランスがとれていて、それだけで犬の栄養を摂ることができるもの、「一般食」は、主食として作られたものですが、栄養の保証がないもの、「間食」はおやつで、主食にはなりません。
食事間に食べるたり、しつけの時に用いたりするものですが、量を摂りすぎると肥満の原因になってしまいます。

ペットフードを見てみると、年齢別にフードがわかれています。
幼犬期や妊娠・授乳をしている犬は、たくさんのエネルギーが必要になってきますので、カロリーが高くなっています。
成犬期は、体を丈夫にするためにタンパク質やミネラルが多めです。
高齢期は、動きも少なくなってきてたくさんのカロリーを必要とはしません。
また、内臓に負担がかからないように塩分やタンパク質が控えめに作られているのです。

フードは、色々な目的に合わせて種類があります。
肥満犬用、皮膚や毛の健康維持用、腸の健康維持用、歯の健康維持用など、自分の犬に合ったフードを選ぶことができます。
少し太ってしまったけど、空腹感を味あわせたくないという飼い主はきっと多いはずです。
そんな犬のためには、満腹感を味わえ、さらにカロリーが低いフードを選ぶようにするといいでしょう。
犬の健康状態によってフードを選ぶことが大切です。

ドッグフードの種類がたくさんあると、どの商品が安心なのかわからなくなってきます。
そんなときは、きちんとした肉を使っているか、酸化防止剤合成添加物、砂糖、甘味料を使用していないか、ビタミンCやEなどで品質保持しているか、賞味期限が近づいていないかなどをパッケージをみて表示を確認して選ぶようにしましょう。
袋のサイズも小さいものから大きいものまでありますが、開封すると酸化が進んでしまいますので、開封したら14~30日ぐらいで食べきれる量を購入しましょう。

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬の寄生虫の病気

犬がよくかかる寄生虫は、マダニではないでしょうか。 草むらや芝生などどこにでもいる虫です。 最近では、温暖化のせいか冬でもいることがあるらしいです。 このマダニは、犬の皮膚にくっつき、血を吸います。 血を吸う前は2~3ミリなのですが、血を吸うと小豆~大豆大まで大きくなります。 マダニは「バベシア」という赤血球を破壊し、最悪死に至る病気を持っていることがあるので注意が必要です。 マダニが寄生していることがわかったならば、ダニの頭部を残さないようにゆっくり引き抜きましょう。 マ

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ