トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI犬の健康管理 > フィラリアの予防

フィラリアの予防

フィラリアの予防の画像

フィラリアは蚊を媒体にして犬に寄生する寄生虫です。
犬の体内に入ったフィラリアは心臓や肺動脈に寄生し、血液の流れを阻害します。
フィラリアは細く長い形をしており、長いもので20cmにもなります。
そして、何十匹も寄生します。
長いフィラリアが血管を動き回るので、血管は傷つき、心臓や肺にじわじわダメージを与えるのです。
そして、食欲がない、元気がない、せき、貧血、血尿がでるなどの症状がでるころには、重症化しているのです。
気づくのが遅い場合、最悪死に至ります。

フィラリアから犬を守る方法としては、心臓にフィラリアを寄生させないようにすることです。
これには予防薬をきちんと飲ませることが大切です。
予防薬は、月1回飲ませる錠剤、粉剤、スポットタイプ、6か月の効果がある注射など色々な種類の薬がありますので、扱いやすいものを使用するといいでしょう。
使用する期間は、地域によって違いますが、大体5,6月から12月ごろまで飲ませる必要があります。

フィラリアの薬は、感染を予防するものではありません。
犬の飼い主さんの中には、予防するものと認識している人が多いようです。
フィラリアの幼虫はまだ心臓に到達せずに皮膚の間にいます。
この皮膚の間にいる幼虫を駆除するものがフィラリア予防薬なのです。

動物病院でフィラリアの薬を処方してもらう初回の時、血液検査をしなければいけません。
フィラリアの子が血液に入ってしまっている場合、フィラリア予防薬を飲むと、ショック死したり、死んだフィラリアが血管に詰まる可能性があるので、事前に寄生していないかの検査をするのです。

フィラリアは、飼い主が毎年ある一定の期間きちんと予防していれば防げる病気です。
寄生してしまうと、手術をしたり、最悪死に至る怖い病気です。
愛犬のためにも、きちんと予防してあげましょう。

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫のキャットフードの選び方

猫のフードは、ドライフード、半生タイプのフード、缶詰タイプのフードの種類があります。 猫によって好みが異なり、猫が好むフードをあげるようにするといいでしょう。 猫は、同じフードばかり食べていると、そのフードしか食べなくなってしまいます。 そして、フードの種類を変えることが難しくなってしまうので、色々な原料のフードをあげるようにするといいでしょう。 フードは、成猫の場合、1日2回、仔猫の場合、1日4回に分けてあげるようにします。 少し食べたら、時間をあけてまた食べるという食べ

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ