トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI犬の健康管理 > 犬の夏バテ対策

犬の夏バテ対策

犬の夏バテ対策の画像

犬は、寒さよりも暑さのほうが苦手な動物です。
特に、体が弱い子犬や老犬は、健康を崩さないように気をつける必要があります。
特に、熱中症には注意が必要です。
人間は、気温や湿度の高い所に長時間いたり、激しい運動をすると、頭痛やめまい、気持ちが悪くなったりします。
犬の場合は、苦しそうに呼吸をしたり、よだれを大量に出す、体温が高くなる、嘔吐や下痢の症状があります。
またさらにひどくなると、けいれん、意識がない、チアノーゼになり、最悪、死に至ります。

犬は、人間のように汗をかいて体温調整ができません。
舌を出して呼吸をすることでしか体温調節できないのです。
ですから、人間より暑さに弱く、熱中症になりやすいのです。
飼い主が熱中症にならないように温度や、湿度、日の当たり具合などをこまめにチェックしましょう。
車に犬だけを残さないようにする、閉め切った室内でエアコンもつけずに留守番をさせる、蒸し暑い日や日中に散歩に連れ出すなど、夏は熱中症になりやすい状況が多くあります。

梅雨から夏にかけては、湿度が高くなり食べ物も腐りやすくなります。
食べ残しをいつでも食べられるようにと、いつまでも出しっぱなしにしないようにしましょう。
また、水もいつも新鮮できれいな水が飲めるようにすることが大切です。
食器もまめに洗い清潔にしておき、雑菌などが繁殖しなように心がけましょう。

夏は、暑さで食欲が落ちたりする犬もいます。
食事がきちんと摂れないと、夏バテする原因にもなります。
いつものフードにちょっと手を加えるなどして、食事がキチンととれるようにしましょう。

犬の夏バテ対策商品一覧

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫の耳の病気

猫は犬ほどではないですが、外耳炎などの耳の病気になります。 猫が後ろ足で耳を掻く、頭を振るなどのしぐさをしたら外耳炎をおこしていることもありますので注意が必要です。 外耳炎といっても色々なものが原因で起こります。 外傷性外耳炎、耳ダニ症、真菌性外耳炎、細菌性外耳炎などがあります。 外傷性外耳炎は、猫同士のけんかなどで出来た傷が原因で起こる外耳炎です。 わかりやすい所に傷があればすぐに洗浄や消毒などで治療することができます。 毛などで隠れた傷はわかりにくく、数日たって化膿して

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ