トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI猫の健康管理 > 猫のノミ・ダニの対策

猫のノミ・ダニの対策

猫のノミ・ダニの対策の画像

猫のノミの予防をするには、まず家の掃除を徹底的に行うようにしましょう。
猫の寝る場所、カーペットやソファなどノミが好みそうな場所は掃除機をしっかりかけるようにし、掃除機のゴミはマメに捨てるようにしましょう。
バルサンなど家の隅々まで行き渡らせる薬もありますが、動物がいるところでは炊けません。
また、安全面を考えると電気タイプのノミを誘引するノミとり用品や、猫自体に飲み薬や注射、スポットタイプの薬がいいでしょう。

もしノミがついてしまったら、駆除しないといけません。
ノミが寄生したままですと、激しい痒みがあり、人間にも痒みが表れることがあります。
ノミの駆除方法としては、ノミ取り櫛で根気よくとる、スポットタイプの駆除薬をつける、ノミ取りシャンプーを使う、ノミ取りの首輪とを使うなどいろいろな方法があります。

ダニの予防には、外に出さないことが一番でしょう。
ダニは草むらに多く潜んでいるからです。
ダニが寄生すると、痒みはそれほどではありませんが、ダニは血液を吸います。
吸血が大量ですと、貧血になったり病気になったりするので、見つけたら駆除する必要があります。

ダニの駆除方法は、小さい場合は簡単に手でとれます。
しかし、吸血して大きくなってしまうと、ダニの口が皮膚に食い込んでいるので簡単に除去できません。
除去するときはダニの口が切れないように慎重に取る必要があるのです。
ダニ摂り用のスプーンでとったり、駆除薬をつける方法があります。

ノミ・ダニともに、駆除した後は指などで潰さないようにしましょう。
つぶすと、ノミやダニの体から卵が飛び散ることがあるからです。
粘着テープに包むか、薬で死滅させてから捨てるようにしましょう。

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬の皮膚の病気

犬の皮膚病の多くが、ノミ・ダニによるもの、細菌によるもの、生活環境が不衛生で起こるもの、アレルギー物質によるものが原因で発症します。 症状としては、脱毛、赤くなる、痒がる、乾燥やベタつきなど、皮膚の異常があります。 最近の犬の半数以上は、何かしらのアレルギーを持っているのではないでしょうか。 アレルゲンとして、ノミやダニ、花粉や、食べ物などがあり、犬が生活している身の回りにあるものばかりです。 よく聞くアトピーもアレルギー性皮膚炎のひとつで、アレルゲンに異常反応を起こして、

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ