トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI猫の健康管理 > 猫のキャットフードの選び方

猫のキャットフードの選び方

猫のキャットフードの選び方の画像

猫のフードは、ドライフード、半生タイプのフード、缶詰タイプのフードの種類があります。
猫によって好みが異なり、猫が好むフードをあげるようにするといいでしょう。
猫は、同じフードばかり食べていると、そのフードしか食べなくなってしまいます。
そして、フードの種類を変えることが難しくなってしまうので、色々な原料のフードをあげるようにするといいでしょう。

フードは、成猫の場合、1日2回、仔猫の場合、1日4回に分けてあげるようにします。
少し食べたら、時間をあけてまた食べるという食べ方をする猫がいます。
いつでも食べられるようにしてあげると、ゆっくり食事ができるでしょう。
ただし、フードが腐りやすい夏場は、時間を決めて少しずつあげるようにしましょう。

フードは、年齢によってフードの種類が異なってきます。
年齢によって、必要な栄養素やカロリーが異なってきます。
キャットフードは年齢に合わせて必要な栄養素を含んでいますので、その猫の年齢に合ったフードを選ぶようにするといいでしょう。
フードを購入する際、「総合栄養食」という表示があることを確認しましょう。
「総合栄養食」とは、このフードと水だけで健康維持や成長のために必要な栄養素を計算されて入っています。

猫が健康的な問題を抱えている場合、その改善のためのフードを選ぶことができます。
肥満、皮膚や毛の健康、胃腸の健康、歯の健康、毛玉の悩みなど色々な種類のフードがあります。
猫の場合、毛玉をうまく吐き出せない場合や排泄できない場合があります。
毛玉を上手く出すことができないと、お腹の中で大きく硬くなってしまいます。
最悪の場合、手術して取り出すことになりますので、上手く出せない猫は、毛玉コントロールできるフードを食べさせるようにしましょう。

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 猫の抜け毛の対策

猫は自分で毛づくろいをしますが、抜け毛の季節や長毛種、舌の届かない場所はブラッシングしてあげる必要があります。 また、シャンプー前にもブラッシングが必要です。 毛玉がある場合、毛玉を除去しないで濡らしてしまうと、毛玉は解けなくなってしまうからです。 ブラッシングは、毛玉の防止、汚れを落とす、マッサージ効果もあるので血行促進、抜け毛を取る、ノミ・ダニ・病気の発見などの効果があります。 また、ブラッシングをすることにより、無駄な毛を除去できるので、家の中に落ちる毛の量が減るとい

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ