トップ 全国動物病院NAVIについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国動物病院NAVI猫の健康管理 > 猫の耳の手入れ

猫の耳の手入れ

猫の耳の手入れの画像

耳の中の汚れは時々チェックするように心がけましょう。
非常に汚れていたり、黒く粘着性のある汚れがある場合、耳ダニがいたり、外耳炎を起こしている場合ありますので、病院に行きましょう。
耳の中が汚れている場合、きれいに掃除をする必要があります。
耳の掃除は、飼い主自身で行うこともできますが、飼い主自身で行うのが怖い、やり方がイマイチわからない場合は、動物病院で掃除をしてもらったり、やり方を教えてもらったりするといいでしょう。

自宅で耳の掃除をするときは、ローションタイプのイヤークリーナーとコットンを用意してください。
ローションを含ませたコットンで耳の中を拭きます。
その後、ローションを耳の中にたらして、耳を揉んであげます。
最後に、自分でブルブル頭を振らせるのです。
ブルブルさせることで、耳のなかの水分を飛ばすので、必ずブルブルさせてください。
やり方は、製品によって様々ですが、耳の中がとてもきれいになります。
動物病院でもこの方法で耳掃除をすることがありますので、安心な方法です。

ローションタイプ以外には、パウダータイプのイヤークリーナーがあります。
パウダータイプのクリーナーは耳の中にパウダーを入れると、ボロボロ汚れと共にパウダーが出てきます。
放っておいても自然に出てくるそうですが、出来るだけ、耳の中からパウダーを出すようにしましょう。

猫の聴覚は犬の聴覚よりも全然すぐれています。
また、三半規管が発達しているので、バランス感覚、平衡感覚が優れています。
また、三半規管が発達しているので犬よりも猫のほうが車酔いしにくいのです。

全国動物病院NAVIのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬の皮膚の病気

犬の皮膚病の多くが、ノミ・ダニによるもの、細菌によるもの、生活環境が不衛生で起こるもの、アレルギー物質によるものが原因で発症します。 症状としては、脱毛、赤くなる、痒がる、乾燥やベタつきなど、皮膚の異常があります。 最近の犬の半数以上は、何かしらのアレルギーを持っているのではないでしょうか。 アレルゲンとして、ノミやダニ、花粉や、食べ物などがあり、犬が生活している身の回りにあるものばかりです。 よく聞くアトピーもアレルギー性皮膚炎のひとつで、アレルゲンに異常反応を起こして、

全国動物病院NAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 犬の病気 | 猫の病気 | 犬の健康管理 | 猫の健康管理 |
[都道府県別・動物病院] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ